2017年10月

ECCジュニア~ハロウィン~

今日は、みんなが楽しみにしていたECCジュニアハロウィンの日でした。
衣装は各家庭で準備してもらったり、園にある仮装を身に着けました。
自分たちで選んできた衣装でしたので早く着たいとワクワクして待つ子が多かったです。
いざ当日衣装を着るとなると「カワイイ」「○○ちゃんと一緒」「俺が一番怖いぞ」と子ども同士での
会話が途切れることなく続きとても楽しさがあふれているようでした。

DSC09654-tile.jpg

DSC09682-tile.jpg

習った英単語にはスケルトン(ガイコツ)ジャコーランタン(カボチャのオバケ)ウイッチ(魔女)バット(コウモリ)があり
出てきたオバケが自分が仮装してきていたものに当てはまるととても喜んでいました。
ECCジュニアの講師の先生も同じように仮装をしてきて一緒に楽しみました。

DSC09659-tile.jpg

DSC09698-tile.jpg

今年は仮装もしっかりしましたが、なによりハロウィンについてのきちんとした説明をして意味のある
行事にしようと臨みました。どうして、かぼちゃのオバケを玄関に飾るのか?
オバケに仮装した子どもたちは玄関をノックした後家主にいう言葉は何か?一つ一つを丁寧に教えていくことで
行事の意味を知り楽しさも増すと私たちは考えています。
何よりも大人も子どもも楽しく参加していくことが大切だと思います。
スポンサーサイト

お月見団子作り

DSCN7813-tile.jpg

DSCN7818-tile.jpg

DSCN7831-tile.jpg

DSCN7848-tile.jpg
今日は子ども達が楽しみにしていたお月見団子作りでした。朝から「今日は団子を作るとよね?」と笑顔で聞いてきていました。
団子作りは栄養士の上田陽子先生と一緒に行いました。団子が何からできているのか、実際に団子粉を見たり、水を加えた後の団子粉の変化に興味津々で見ていました。白い団子と南瓜を混ぜた、お月様みたいな黄色の団子の2種類の団子を作りました。団子を丸める時は子ども達も真剣そのもの。自分で丸めた団子を一人ひとり恐る恐るお湯に入れていき、網ですくっていきました。きな粉・みたらし・あんこの3種類の中から自分が好きなものを選びかけていきました。自分で丸めて作った団子は格別おいしく「甘い!」と言いながら満面の笑みであっという間に完食していました。
初めてのクッキング保育ということで、エプロンをつけることにもとても喜んでいました。準備をしてくださりありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。