お月見団子作り

DSCN7813-tile.jpg

DSCN7818-tile.jpg

DSCN7831-tile.jpg

DSCN7848-tile.jpg
今日は子ども達が楽しみにしていたお月見団子作りでした。朝から「今日は団子を作るとよね?」と笑顔で聞いてきていました。
団子作りは栄養士の上田陽子先生と一緒に行いました。団子が何からできているのか、実際に団子粉を見たり、水を加えた後の団子粉の変化に興味津々で見ていました。白い団子と南瓜を混ぜた、お月様みたいな黄色の団子の2種類の団子を作りました。団子を丸める時は子ども達も真剣そのもの。自分で丸めた団子を一人ひとり恐る恐るお湯に入れていき、網ですくっていきました。きな粉・みたらし・あんこの3種類の中から自分が好きなものを選びかけていきました。自分で丸めて作った団子は格別おいしく「甘い!」と言いながら満面の笑みであっという間に完食していました。
初めてのクッキング保育ということで、エプロンをつけることにもとても喜んでいました。準備をしてくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

絵の具遊び!

先日、絵の具遊びをしました。
今回は泥遊び用の服に着替え、ダイナミックに絵の具に触れて遊びました。
絵の具に早く触れたい子、汚れたくなくて手をひっこめ、周りの様子をうかがっている子など様々な様子が見られました。真っ白な紙に絵の具を塗ることに少し抵抗があったのか、初めはどの子も遠慮がちでしたが、一度紙が青く塗られると一斉に絵の具に手を出し始めました!絵の具にじかに手を触れられない子が初めは多く、筆の争奪戦でしたが、保育士がパレットに広げた絵の具に手や足をつけてみると、真似してし始める子がどんどん増え、最後は皆手も足も、顔まで青く染めていました!
中には自分の手足に絵の具を塗りたくって、絵の具の感触を楽しむ子もいました。
今回は青と水色の絵の具を使い、皆で「うみだ~うみだ~」と歌いながら楽しむことができました。

DSC01256-tile.jpg
真っ白だった紙も、破れるほど何度も絵の具を塗り重ね、存分に絵の具遊びを満喫したスイートピー組さんでした。
保育室のテラスに貼ってありますので、お時間のある時に一緒に見られてくださいね。
DSC01285-tile.jpg

フィンガーペインティング

DSCN7356-tile.jpg

先日折り紙で魚を折りました。その魚が「どこを泳いでいるかな?」「海!」「海は何色かな?」「青いね」などと子ども達と会話を楽しみながら、フィンガーペインティングが楽しみになるようにしていきました。フィンガーペインティングをしている時にも「お魚さん喜ぶかな?」「手がきれいになったよ」「おばけの手みたい」などと会話を弾ませながら楽しんでいきました。初めは手が汚れることを気にして恐る恐るしていた子も、少しずつ表情が変わっていき、汚れて大丈夫なんだという気持ちを持ったり、絵の具の感触の楽しさを感じることができ、最後にはダイナミックに両手を使って画用紙を青色に染めていきました。絵の具が乾いてから魚を貼り、保育室に飾りたいと思っていますので、ぜひ見に来て下さい。

アーケードへ七夕飾り

今日は、一番街アーケードへ年長組が七夕の飾りつけに行きました。
一番街商店街の方々も協力していただき、楽しく七夕飾りができました。
この飾りつけは、春陽保育園の皆で協力してたくさん作りました。
飾っている時には「あぁ私が作ったやつだぁ」「この飾りつけカワイイ」
「飾ったらお母さんと見にこよう」とみんな会話も弾んでいました。
1-tile.jpg

5-tile.jpg
飾った後、商店街の方に笹竹を立ててもらい、みんな大歓声をあげきれいに飾られた笹竹を見て
とても喜んでいました。
そして、☆みんなで記念撮影☆春陽保育園の代表として年長組皆、胸を張ってかっこよかったです。
9-tile.jpg
帰りも歩いて園まで。帰りの道中は「お腹すいたぁー」「疲れたー」と最後の力を
振り絞って頑張ってたどり着きました。ラベンダーさん今日はお疲れ様でした。
13-tile.jpg
アーケードに立ち寄った際はぜひ春陽保育園の笹飾りを見て下さいね。

変えっこバス

DSCN7320-tile.jpg

DSCN7326-tile.jpg

今日は子ども達が大好きなバスの運転手になりきり、友達をお客さんにして変えっこバスを行いました。平均台や跳び箱の上を歩くというちょっとした障害物を置くことで、子ども達もちょっと緊張した表情を見せていました。お客さんを乗せているから、運転手さんはお客さんのことを考えなければいけいという思いやりの気持ちを、体験を通して感じることができるようにしていきました。平均台を乗る時にも後ろのお客さんの方を少し見て気がけてあげるという姿も見られました。遊びを通して自分のことばかりではなく、相手のことを思いやる気持ちを持てるようにしていきたいと思います。